ワークライフバランス(Work Life Balance)

NO IMAGE

どうも、hirosushiです。

 

ワークライフバランス(Work Life Balance、WLK)が叫ばれてから時間経ちますが、実際のところ、その論点はいつも「労働時間」に集約されがちなように思います。

 

もちろん不当な長時間労働は根絶すべきですが、業務実態はそうではないところも多い。

当然さっさと帰りたい人もいれば、そうでない人もいる。

 

将来的に「こうなりたい」「ああなりたい」って目的意識が明確な人は、そこに至るために何をすべきかを考えるから、「必要なこと」を何としてでもやり抜こうとする。

その結果、労働時間が長くなるんだけど、彼ら彼女らはそれが必要だと思っているからやるわけ。

 

ワークライフバランスの取り組みは、個人レベルでも企業レベルそれぞれで異なる。

だって、「働くこと」や「労働時間」の考え方は人や企業で違うのだから。

皆同じじゃないのに、何かの意見を総意として、そこに向けて一気に突っ走るのは大変危険だと思います。

 

皆が同じ労働条件で働けば皆HAPPYかって言ったらそうじゃない。

Advertisement

お金を稼ぎたい、スキルアップしたいって人も大勢いるのに、一括りに「ワークライフバランス=労働時間を減らす」としてしまうことで、多くの人のチャンスを潰すことにもつながる。

 

何でもかんでも0か1かに集約させすぎだし、労働時間を減らすために効率化を図るってのも、ある種の空論。

 

大事なのは、色々な人に色々な働き方を提供するという、根本的な改革をしなければいけないということ。

そして、年齢やバックボーンに左右されない、成果に見合った正当な対価を支払うことが出来るシステムを構築すること。

同じ仕事をさせて、時間と正確さを競わせ、スコアの高い方により多い給与を払うとか、わかりやすいのが良いけれど、なかなか難しいだろうな。残業すると給与が減るとか、残業させなければならない状態にしてしまった上長の評価が下がるとか。

 

わざと残業して深夜残業代を稼ぐ「生活残業」を批判する人は多い。確かにそれはその通り。

でも、そうしなければならないほどの給与水準であることも確か。

 

ワークライフバランスの取り組みは、シンプルなようで闇が深い。

 

休みが取りたいけど取れないのは良くないけれど、残業が多いからブラックであるわけじゃない。

 


人気ブログランキング
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

独り言カテゴリの最新記事