Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

LCCと台風

LCCと台風

どうも、hirosushiです。

 

台風シーズンの旅行はドキドキです。

 

飛行機の最大の敵は「離着陸時の風」と「積雪」!

これが風が限度を超えると、どんな最新鋭機でも飛ばせませんし、積雪が酷くなるとスリップの危険があるので、これも飛ばせない

単に進路上に台風がいるのであれば迂回すれば何とかなりますが、離発着の空港周辺に台風がいると何ともならないので、delayかcancel。運よく飛んだとしてもweather conditionの付帯条件付き。

だから、旅行前の1weekは、ずっと天気予報が気になる訳です(笑)

 

今回はフルサービス(レガシーキャリア)ではなくLCCに絞って、災難に見舞われた時の対処を書いてみようと思います。

 

搭乗予定の飛行機がキャンセルになったらどうする?

初動が大事

運悪くcancelになった場合、出発予定時刻の数時間前にはメールなどの連絡が飛んできます。その連絡を受けたら、即座にどうするか検討しましょう。

空港で待つ、別の便を取るなど、幾つか選択肢はあると思いますが、重要なのは「主体的にかつ迅速に動くこと」です。

LCCは値段が安い分、キャンセルに対する保証は基本的にありません。

従って、利用者が自分でアプローチして対応を決めていくしかない訳です。場合によっては、振替してくれることもあるので、早急に動きましょう。

旅行の日程に余裕があれば、初日のホテル代は諦めて翌日の便を押さえにかかるなどすると、被害は最小限で済んだりしますよ。

 

文句を言うのはナンセンス

LCCなのにも関わらず、delayやcancelについて、グラウンドスタッフの方々に文句をつけている連中がおりますが、これはあまりにもナンセンスです。

値段の安さと引き換えに、こういった事態のリカバリーやサービスを切っている、ということを自覚していないんですね。購入条件に記載がない事態などであれば、交渉すれば何とかなりますが、かなり時間がかかります。旅が終わって何カ月か後にお金だけが戻ってくることのほうが多いですから、今そこにある危機の解決にはなりません。

 

実際、レガシーキャリアよりもLCCの方が定時運航率が低いと思っている人が多いですが、そこまで変わりません。

LCCは限られた機材で回しているので、一回こけると終日影響が出ますが、それは仕方ないし予想できること。だって安いものw

 

一番の原因

一番の原因は、乗客側に問題があることが多いです。

 

LCCは預入荷物も有料なので、皆出来る限り持ち込もうとします。そのため、チェックイン時の手続きで重量制限にひっかかり、ああだこうだと文句をつけて行列を作る連中が多いんです。これによって全体のスケジューリングに遅れが生じます。

レガシーキャリアはフライトチケットに含まれてるから、この問題はあまり起きませんよね?

 

次にあるのは搭乗時の手際の悪さ。

後先考えずに荷物を持ち込むもんだから、収納スペースが足りずに右往左往したりして収納に手間取ってしまい、結果出発時刻が遅れる、と。

 

あとは、ファイナルコールかかるまで飲んでいたり買い物していたりする人がいる、とか。

 

最後に

たった一人、こういった行動をする方がいるお蔭で、同じ便に乗るほかの乗客の方々も運命を共にすることになってしまいます。

「やっぱりLCCは良くない」と思う前に、少しでも自分の荷物や行動を見直してみれば、予定時刻よりも早く出発が出来ちゃったりするんですよ。

是非みんなで早発を目指しましょう!

 

 にほんブログ村 旅行ブログへ

旅の記録カテゴリの最新記事