Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

昔の旅の思い出-トラブル事例1-

昔の旅の思い出-トラブル事例1-

・昔の旅の思い出-トラブル事例1-

 

今は年一で海外に行くhirosushiですが、学生の頃は半年くらいかけて北米以外を回りました。

日本人がいないところ、そしてツアーを使わないというあまのじゃくな性質なので、それはもう、一通りのトラブルに巻き込まれてきましたf^^;

このシリーズでは、俺が出会ったトラブルについて書いていこうかと思ってます。

 

今回は、お気に入りTOP5に入る、東南アジアのタイ王国で遭遇したトラブル事例の1つをご紹介!

 

・賄賂で稼ぐ警察官

 

まだイケイケだった頃は、どこの国いってもまずはバイクを借りる、というスタンスでした。

この時もレンタルバイクを借り、友人と2ケツしてあちこち巡っていたところ、何もない交差点で警官に呼び止められました。

 

警官曰く、左折禁止の所を曲がったと。看板も出ていると。

 

いやいや、そんな看板出てないし。

だいたい今この瞬間も、みんなバンバン曲がっとるわ!と反論するも、我々パスポート不携帯だし、相手は何といっても警察官。とにかく分が悪い。

 

警官:「パスポートないのか。じゃあ早く済ませた方がいいんじゃないか?今からパスポート取りにホテルに戻るのか?」

 

警官はニヤニヤしながら交通違反の反則金のリストを取り出し、一番上の高い金額を指し示します。

 

ほほう( ̄▽ ̄)

 

そのリストを覗き込むなり、俺は言いました。

 

俺:「OK。彼がホテル戻ってパスポート取ってくる。俺は残るから」

 

焦る警官。

警官:「Σ( ̄□ ̄!!なんでだ!?お前らのホテルどこだ?遠いだろう!?」

 

俺:「だってこのリスト、酒がどうのって書いてるじゃん。違反内容違うよね?」

警官:「Σ( ̄□ ̄;; お前文字読めるのか!?」

 

なめんなよ、行く国の言語はある程度読めるんじゃ( ̄▽ ̄)

 

ますます焦る警官。

バイクに乗って行こうとする友人を必死で止めます(笑)

 

警官:「よく考えろ。まだ昼前だ。色々と行きたいところもあるだろ?お金で済めば早いじゃないか」

なぜか説得されるという(笑)

 

形勢逆転したタイミングで、値段交渉を始めます。

しかし相手は国家権力、油断は禁物です。何かあれば逮捕できますから、そこまで強気の交渉は出来ません。

 

友人:「でも、そんな金持ってないし。半分しか出せねーよ」

警官:「それでOKだ」

 

あっさり手打ちwww

 

じゃあと言うことで、早速金を払おうとしたら、警官は大慌てでこう言いました

警官:「paper!!paper!!」

俺ら:「?????」

 

 

 

 

俺ら:「ああ、隠せって事ね!www」

 

 

道を尋ねるふりをしながら、パンフレットの下から金を渡す。

なにこの三文芝居w

なぜ悪い事をしている気分を味わわなければならんのかw

 

 

とまあ、途上国では賄賂を要求する警官や空港関係者はまだまだいます。でも、全員がそうではありません。真面目にやっている人達も大勢います。

真面目にやっている人達に「どうせ金なんだろ」って金を出すと、贈賄で一発逮捕です。

きちんと相手がどんなタイプなのかを見て対応しましょうね!

 

 

教訓:人の国に行くなら最低限の言葉と文字くらいは覚えろ。無知な奴はカモられる

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

hirosushi

旅行と夜遊びのために働いているアラフォーサラリーマン 面白い場所があると聞きつければ現地に飛ぶ 現地合流現地解散が好き。昔ほど飲めない