Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

昔の旅の思い出-物乞いの捌き方-

昔の旅の思い出-物乞いの捌き方-

発展途上国に行くと出くわす問題。それが物乞いの対応です。

 

貧富の差が激しい上、強烈な学歴、出自差別のある国が多いので、貧しい人は這いあがれない。

貧しいから物乞いをする彼ら。食っていくため必死だから、断られようが中々引かないf^^;

 

中には、それを職業にしている連中までいます。現地人、外国人問わずね。

あいつらは悲哀や同情を誘うような仕草やファッションをすれば、より多くのお金がもらえることを知っているから演技力が高い(笑)

我々のようにあちこち行って、生活の裏側まで見る人なんてそうそういませんから、普通の人は「かわいそうだな」って施してしまう。

 

週末をはさんで旅行に行く方は、こういった連中をよく観察してみてください。何故か週末にのみ出没する上、みえないところで着替えてから帰りますから。

 

俺が出会った人たちの中で、一番対応に困るのは子供。

チルドレンギャングなんかはそれなりの対応すればいいけど、一般の本当に貧しい子供たちとなると難しい。チップを上げたいけど、それをやるとあっという間に群がってくるし、あげなかったらあげなかったで泣くというf^^;

 

トレッキングがてら、山の中の遺跡を見に行った時に会った5、6歳くらいの姉妹なんか、30分以上チップの歌を歌いながら付きまとってきましたからね。終盤は泣きながら歌ってて、罪悪感半端ないったら。。。逃げるように下山しましたわ。

 

個人の倫理観や知識の問題が絡むから、正解なんてない話だけど、その日は終日ブルーでした(笑)

 

 

今回の教訓:

断る時ははっきり断り、日本人特有の笑顔をしない!でも、邪険にすると報復される可能性があるので気を付けて。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

hirosushi

旅行と夜遊びのために働いているアラフォーサラリーマン 面白い場所があると聞きつければ現地に飛ぶ 現地合流現地解散が好き。昔ほど飲めない