Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

何のために勉強する?

何のために勉強する?

どうも、hirorushiです。

 

最近、子供にモテて困ってます。大人の女性にモテたい(笑)

 

 

さて先日、友人の子供と話していた時のこと。

ガッコの勉強が難しくてついていけない彼は、親である俺の友人に食って掛かる訳です。

 

「なんでこんなの勉強しなきゃいけないんだよ!」と

 

それを見てた俺は、ついにニヤニヤしちゃう。

だって、自分達もそう思ってきたじゃないですか。

 

当時はひたすら訳の分からんことを詰め込まれ、より多く暗記出来た奴がテストで良い点とった。

「何のために?」って問いかけには、

「将来のため」、「良い大学入るため」、「良い会社に就職するため」って言われる。

 

いや、だから「将来って何?」「良い大学、良い会社って何?」

その先に何があるのかなんて誰も教えてくれなかった。今もそれは変わらないんだろうなって。

 

その後、自分で金を稼ぐようになって初めて、勉強の意味がわかってくる。やりたいことが見えてくる。

でも、やり直すにはもう手遅れで。気付いた時点から出来る、最善のことをやるしかない。

 

親のありがたみや大変さなんて、一人暮らししたり家族を持って初めて理解する。

「親孝行したい時に親は無し」とは良く言ったもの。先人達は良いこと言うよな。

 

 

友人家族と俺はサッカー好きで、一緒にフットサルしたりする仲。だから、その子供とは結構色々話す。

勉強のこととか、色恋とかね(笑)

親が話しにくいことを俺がオブラート抜きに話すもんだから、LINEで相談されたりもする。

人生は苦行なのだよ。

 

 

「勉強する意味」

俺は「生きていくための練習」だと思ってる。人生を上手に生きていくために必要だから。

スポーツでもゲームでも、練習しないとうまくならない。上手くなるために勉強してる。CL決勝みたいな一度きりの勝負なら、成功にこだわる必要がある。でも人生はそうじゃない。

人生は一度きりだけど毎日続く。目の前の勝負に勝ったところで、その先にはつながらないかもしれないだろ?だから練習を続けて改善していくわけだ。

 

ただし、それを続けるには、自分自身の努力と周りのサポートが重要。

 

例えば、ウサイン・ボルトなんて、親が練習風景を直視できずに帰るくらい、過酷な練習を続けたらしい。

そんな練習を続けられたのは、ボルト自身に明確な目標があって、かつコーチ陣もトレーニングの意味をしっかり説明出来たからだろうね。

 

人に何かを「始めさせる」時には、その意味やスケジュールをしっかり説明してやる必要がある。それが無いまま始めると、必ずコンフリクトする。

仕事でも勉強でもスポーツでも、これは共通のことなんじゃないかと思う。

 

 

 

そんな話をした後、今俺の現状に当てはめると、過去の勉強はどうなっているんだろうかと。

 

 

四則演算は絶対使う。日本語も使う。これは職種関係ないだろう。

 

化学専攻だったし生物も好きだったけど、これっぽっちも使わないし、微積代数、歴史も同様。物理なんて見るのもイヤ。円周率なんて宇宙行く人しか使わない。

 

基礎的な経済は使う。重要なのは簿記系。これ必須。でも学校では習わないw

日経新聞は、読む目的が固まってないと無駄。

 

this is a pen. なんて言ったこともないし、Nancyや花子って名前に出会ったことが無い。

文型の意味や意義を知ったのは、LSに通うようになってから。

 

 

全然勉強役立ってないじゃんwww

 

だろ?(笑)

これが社会の実態だよ。こんな状況で勉強の意義なんて説明できるわけないじゃん。

 

スポーツは、いかに「効率的」に「同じ動作」を繰り返せるかが大事でさ。勉強もそうなんだけど、効率的にやる方法って無いんだよ。インプットとアウトプットの量をこなして初めてパターンが蓄積される。

最初は何に使えるかこれっぽっちもわからないけど、ある時突然に繋がる。

でも、それは今の君には無いだろ?なんでだと思う?

 

経験が無いからなんだよ。経験しないとやっていることの意味なんて分からない。だから、説明できる大人が少ないのさ。

人よりも多くのことを経験しているやつは、人よりも多くの伸びしろを持ってるからね。

 

だから、勉強したくないんだったら、早く自分がやりたいことを見つけること。自分がこれをやりたいからこういったことをしたいんだ!ときちんと説明出来れば、反論できる大人の方が少ないよ。

 

ただ、そこまで行くには、様々なチャレンジをしないといけない。イヤなことの方が間違いなく多いよ。それにぶつかった時言い訳するんなら、今を続けるしかない。

 

世の中のトップアスリートでも、練習することに全てを費やしたから、計算出来ない人がいたりするんだよ。

その一部分を切り取ってバカだと罵る人は、自分をバカだと言ってるのと同じ。大多数の人は「プロフェッショナル」じゃない。つまり、自分自身だけで稼げないんだから。

 

自分自身が自分の力で人生を切り開いていけないんだった、諦めて人に流されろ。誰かに指示されて生きていけ。

それがイヤなら、人に負けない能力を手に入れろ。

 

ただし!自由ってのは自分が全責任を負うことだ。全ての権利、全ての報酬を手に入れる代わりに、全てのミスは自分の責任だ。

自分の義務を果たせない人間に、権利を主張する資格なんて無いからね。

 

 

君には何ができる?

 

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

hirosushi

旅行と夜遊びのために働いているアラフォーサラリーマン 面白い場所があると聞きつければ現地に飛ぶ 現地合流現地解散が好き。昔ほど飲めない