Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

世界周遊中の友人から

世界周遊中の友人から

どうも、hirosushiです。

 

世界周遊中の友人が先日帰国しました^^

彼は世界をほっつき歩くために仕事を辞め、半年ほどかけて世界を巡ってたんですが、当然のように波乱万丈な経過をたどってました(笑)

渡航3日目でレンタカーで事故るとか、フィッシングに遭って、口座から有り金全部抜かれるとか、初回からブルーなスタートw

友人一同、送金しながら成り行きを見守ったものです。

 

 

その彼と、共通の友人達と飲んでるとき、定期的に更新されてたinstagramを酒のつまみにしてたんですが、そのリアクションは面白いくらいに二分されてました。

一方は、心底羨ましくて、何だか一歩も二歩も置いて行かれて気分を味わってるチーム。

もう片方は、羨ましいけどどこかで諦めてるチーム。

 

前者は、仕事を辞めてまでそんなことをする彼に対する憧憬と、彼が何歩も先に行くことへの危機感を感じてる。

後者は、今の生活を変えられないことからくる彼への嫉妬にさいなまれてる。

 

大まかに分けると、前者は独身者、後者は家庭持ちって内訳。

そりゃそうだよね。家庭を持つって事は大好きな人達と一緒にいられる分、自由に旅をする権利を失い、家族に対する責任が生じるってことだから。

それは独身と結婚どちらが良い悪いって言う、くだらない議論では無く、厳然とした事実。

この世の中、無料で手に入るものなんてないからね。

 

 

問題なのは、嫉妬のあまり「ヒマだなー」とか「良い歳してバカじゃないの」とか、無関係の誹謗をすること。

自分が出来ないくせに、他人をずれた論点で否定するってのは、一番カッコ悪いじゃない?

 

幸いなことに、そんな低俗な友人達では無いので、じゃあ俺はどうする、ああするって言うpositive discussionを繰り広げてました。

 

 

他人を卑下することで自分を上に見せる、そう思い込む手法は、間違いなく何も産むことは無い。

むしろ、自分を磨くことをしなくなるから、どんどん劣化する。

 

周りを観ずに、自分のやるべきことをやる。そして、周りがやっている羨ましい事を、自分の立場ならどう実現することが出来るのかを考えて実行する。

これが人生を充実させるための秘訣。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

hirosushi

旅行と夜遊びのために働いているアラフォーサラリーマン 面白い場所があると聞きつければ現地に飛ぶ 現地合流現地解散が好き。昔ほど飲めない