Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

筋トレに関する考え

NO IMAGE

どうも、hirosushiです。

 

hirosushiは筋トレが好きです。

張った大胸筋やシックスパックを装備しているだけで妙な自信を持てるし、見た目にもカッコ良いからです(笑)

でも、ランニングなどの持久系はキライw

 

実際のところ、中学の頃にACLをやっちまいましてね。

それ以来、無意識のうちに怪我した左足をかばい続けたために、身体にゆがみが出てきたんですね。股関節から背骨にかけて右に曲がってます。

だから、無意識に右側に傾いて重心が偏るので、あちこちの関節に負荷がかかってきた。特に下半身、骨盤と大腿骨を繋ぐ股関節と、右膝への影響がでかくて。慢性的に痛むようになってしまったんです。

 

それを解消するために、とにかく筋トレをして関節をフォローしてきたんです。

 

お金を稼ぐようになるとジムに行きはじめ、ウェイトをバンバンやる。そうするとバンプアップするから楽しい訳ですよ。プロテインも飲んでたし。

 

でも、ここ数年はジムに行かず、ずっと自重トレーニングを続けてます。

自分の体重以上の負荷をかけると、どうしても関節や靭帯に悪影響を及ぼすんじゃないかって恐怖感があってf^^;

デッドリフトやウエイトリフトなんて、ヘルニアになろうとしているとしか思えない(笑)実際、ゴリゴリのマッチョメンたちは、腰や膝を痛めている人が多いし。

Advertisement

その点、自重トレーニング、コンビクトトレーニングは、自分の体重をウエイトとするので、過度な負荷をかけることが無い。その時点で過度な負荷がかかるって事は、そもそも体重がおかしいってことなので、まず痩せろって話。

ハンドスタンドやブリッジだって、真面目にやるとかなりしんどいし、自重以上の負荷をかけることが無いから、負傷する確率も少ない。

これらのメニューに加え、ストレッチをしっかり含めることで、筋肉から靭帯まで幅広くフォローできますしね。

 

なので、特に機材もいらないコンビクトトレーニングは、かなり気に入っています。

世の中でも、一昨年あたりからコンビクトトレーニングが流行り出してきたし、流行はこっちに来たような気もするw

Advertisement

筋トレをする目的は人それぞれだけど、怪我をせずに結果を出すって点では同じだと思います。

何事も継続が大事。しっかり続けて体操選手のような均整の取れた肉体を手に入れましょう。

 

  にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

トレーニングカテゴリの最新記事