2020年は厳しくなる

NO IMAGE

どうも、hirosushiです。

 

今年は旅行へは行けそうにない。

コロナウイルスの世界的な流行もさることながら、加速度的な経済状況のシュリンクによって、自分自身の仕事もどうなるか不透明になってきた。2020年は令和恐慌の年になるんじゃないかな。

 

大企業は動きも早く資金調達に着手し、業績の悪いところはコロナウイルスの影響ってことで、負債を表に出しやすくはなっている。

 

これから夏に向け、各社契約の見直しが始まる。

同一労働同一賃金の美名や派遣法の改正もあるし、大きく賃金形態を変えるところも出てくるだろう。

企業にとって固定費を削減することが一番楽な経営体質の改善で、だからこそ非正規雇用を大幅に増やしてきた。そのうまみが無くなる可能性があることになる。

やりたいのは、一番下のレベルに賃金形態を変えること。日本では労働者の権利が強いので、労働者の不利になるような改正は難しい。でも、この危機だからこそ、ということで言い出しかねない。経団連はやりたいんだろうな。

 

「コロナウイルスがヤバい」ってステージはとうに過ぎている。既に国や自分が経済的に生きていけるか?っていうステージになっているのに、いまだに何も決められない。

「不要不急」がどういう状況なのかわからないって話が出るくらいだし、しかたないか。。。

自分の頭で判断できないし決められないっていうことは、明日から仕事が無くなる兆候にも気づかないんだろうな。

 

これからどんどん仕事面が厳しくなってくるけど、逆にこれまでの仕事の仕方を見直す方向にしないといけない。

社会は変わらないと思うから、個人個人がね。

独り言カテゴリの最新記事