インフラの維持

NO IMAGE

どうも、hirosushiです。

 

タイトル通り、GWも仕事のhirosushiですが、特段不満はありません(笑)

どこっても混んでる時期に出かけてもねぇ。。。w

 

今年のGWは、初日から上越新幹線で停電が発生し、旅行客の皆さんの移動を妨げておりました。

 

最近、この手の交通系トラブルが増えたように思います。

人身事故であったり天災であったり、やむを得ない事象はどうしても発生しますが、インフラ系の問題と言うのは日々のメンテナンス次第で防いでいくことが出来ると思います。

 

「人手不足」や「コスト削減」の名のもとに、最も基本的な部分が疎かになってきているだけならまだ改善することが出来ると思います。

しかし、これまでこういった作業を担ってきた人々が退職し、そのバックアッパーの力量不足が問題だとすると、話が全く違ってきます。

 

なぜか。

インフラを維持するための力量がそもそも無い、と言うことは、今後もこういった問題がどんどん発生し続ける訳です。力量が無いと言うことは、「経験」「知見」が無いから、「予測」「予防」が出来ない。

消耗する部分を前もって交換することが出来なくなるから、何か起きてから初めて対応することになる。

 

「電気設備の不良で停電が起き、電車が止まりました」だけでなく、「水道管が破裂しました」、「火力発電所が爆発しました」など、目先を変えればどんどん重大な話になっていく。

 

単純な「不良」であることを願うばかり

 


人気ブログランキング
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

独り言カテゴリの最新記事