Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

let’s improve english skill-可算名詞-

let’s improve english skill-可算名詞-

義務教育当時なんか、英語の文化的背景なんて考える余地もなかったから、ひたすら覚えるしかなかった。

そのために、本来の意味や考え方を理解せずに覚えちゃってるものもたくさんある。

可算/不可算名詞もその一つ

 

可算、不可算とは、文字通り「数えられるか」「数えられないか」なのだけれど、なんでこれが数えられて、これは数えられないのか?とか悩んだ記憶がある。

 

例えばお金。これ不可算だけど、数えられるじゃん!!ってね(笑)

 

この違いは何だろう?
1:I go to school.
2:I go to a school.

 

どちらも「学校へ行く」で通じるけど、厳密には少し違う

2は”数えられる”学校なので、どこかの学校へ行く。つまり、登校するために行くのか、待ち合わせで行くのか、色々なシチュエーションが考えられる。

1は”数えられない”学校なので、”種類”や”手段”を表す。学校へは勉強する場所。よって、勉強しに学校へ行くニュアンスになる

 

さて次

3:I ate a carrot.
4:I ate  carrot.

こちらも同様に考えると、3は数えられるから、ニンジンを一本食べた

4はニンジンで出来たものを食べたイメージかな

 

最後は、最初のお金について。

お金は確かに数えられるんだけど、イメージしてるお金とは違う。

moneyとはdollar,euro, yenなど問わず、お金そのもののこと。

最初にイメージしてるのは貨幣の方、すなわちdollar,euro, yenなどのことなので、こちらは数えられる。

 

※我々は素人なりに、色んな教材を解釈して取り組んでます。ですので、間違っていることも当然あり得ますので、100%信じないでね!!

にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村

hirosushi

旅行と夜遊びのために働いているアラフォーサラリーマン 面白い場所があると聞きつければ現地に飛ぶ 現地合流現地解散が好き。昔ほど飲めない