Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

let’s improve english skill-助動詞1-

let’s improve english skill-助動詞1-

・let’s improve english skill

 

今回は助動詞ー。

助動詞はとても重要な割に簡単なイメージがあるけど、実はまたもニュアンスが奥深い

 

例えば、will。

未来の事を表すときに使い、その別形はbe going toですよーと教わる。

でも、仕事でwillを使ったりすると、

ああん!?( ̄皿 ̄#)

って思われる場面もございます。

 

willは「その時点で決めたこと」と指し、be going toは「既に決まっていること」を指す。

つまり、仕事なんかで上司から「あれってどうなってる?」って聞かれた時、

willで答えると、「こいつ締め切りわかってんのか!?」って思われる訳ですな。

 

さらにひどいのはmay。過去形がmightなんて教わったけど、あれウソやん!!

mayのイメージは許容で、許容するのか、してもらうのかが一つ。

あとは推量。~かもしれないってやつ。

 

じゃあ、学校でこう言われたら、嬉しい順はどれ?

1:you can go home
2:you may go home
3:you might go home

1は、「帰って良いよ」。やったー。帰ろう♪

2は、「帰っても良いよ」。課題も終わってるし、帰るかー。

3は、「帰ってもいいんじゃない?」ホントに帰って良いの?

 

うーん、ちょっとニュアンスが出ないf^^;

とにかく、mayとmightは、使うシーンによって全く意味が違う。単純な過去形じゃないのです。

 

 

※我々は素人なりに、色んな教材を解釈して取り組んでます。ですので、間違っていることも当然あり得ますので、100%信じないでね!!

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村

hirosushi

旅行と夜遊びのために働いているアラフォーサラリーマン 面白い場所があると聞きつければ現地に飛ぶ 現地合流現地解散が好き。昔ほど飲めない