let’s improve english skill-前置詞-

NO IMAGE

どうも、hirosushiです。

 

今日は前置詞。

英語の勉強をするうえで、誰しもがつまづく(と思うw)部分です!

 

我々は、前置詞は日本語で言うところの「てにをは」、つまり助詞なのかなーと解釈しています。

国語の授業でも、「てにをは」なんて習った記憶が無い。英語圏でも、前置詞なんて習わないじゃないかと。

だから、説明する時に「そういうもんなんだけど(´・ω・`)」となって、とっても困る訳です。暗黙の了解を説明するのって難しいですよね。

 

今では、前置詞はそれぞれのイメージとして捉える、という教え方がメジャーなので、中学生時にこの教え方があったらもっと違っていたのかなと思いますね。

 

let’s improve english skill

前置詞

さて、前置詞ってもinやat、toやforなど色々ございますが、ザックリとそのイメージを書き出しますと、

inは空間

atは点

toは方向

forも方向

onは接触

withは付帯

byは期限や手段

untilは継続

 

こんな感じでしょうか。

「on」なんかは上に乗っかってるイメージですが、対象となるモノが机の上にあろうが下にあろうが横にあろうが、くっついてりゃみんなonになります。

天井のシーリングライトも、壁にかかってる絵画も「on」です。

 

電車などの行先表示で「To 新宿」「For 新宿」となっていた場合、前者は間違いなく到着しますが、後者は新宿方面に行くだけなので、行きたい場所とは違う場所に連れて行かれる可能性があります。

atも含めてもっと言うと、こんなイメージか。

I’ll go shopping at Shinjuku.⇒新宿に買い物に行く(新宿の特定の店で買うイメージなので、ちょっと使い方としては違うか)

I’ll go shopping to Shinjuku.⇒新宿に買い物に行く(新宿で買い物をする)

I’ll go shopping for Shinjuku.⇒新宿に買い物に行く(新宿の方に行くけど、新宿に行かないかもしれない。でも、どこかで買い物はする)
I’ll go shopping in Shinjuku.⇒新宿に買い物に行く(新宿エリアのどこかで買い物をする)

 

後は、待ち合わせとかの場合by 5:00」、「until 5:00で意味が全く違います。前者は「5時までには~する」意味なので、5時前に帰るかもしれない。後者は「5時まで~する」という意味なので、5時まで拘束時間がある、となります。

他の前置詞と違って、この前置詞だけは間違えると勘違いのもとになりがちなのでご注意を!

 

※我々は素人なりに、色んな教材を解釈して取り組んでます。ですので、間違っていることも当然あり得ますので、100%信じないでね!!

 


英語ランキング
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語カテゴリの最新記事