Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

便利さとリスク、どちらを取るか

便利さとリスク、どちらを取るか

どうも、hirosushiです。

 

先日、メインバンクからパスワード生成器の更新案内が来ました。

 

これまでと同じように機械を使う方法以外に、アプリでもログインができるようになり、スマホから楽にログインが出来るようになったそうで。

 

スマホは機能進化を遂げつづけ、もはやPCと同等かそれ以上のポジションになっている。

電話やメール、ブラウジングだけだったものが、今では金融決済もできるし、交通機関にも乗れる。
様々なことがアプリやICを経由して利用できるようになり、家電だって操作できる。

今後、音声認識の性能がもっと上がれば、ますます生活には欠かせないアイテムになっていくだろう。

 

だが、便利な反面、そのリスクも大きくなった。

 

電文を飛ばす非接触方式は便利な反面、物理的な方式に比べて不特定多数に触れる機会が増える。
飛ばした電文が解読できれば、そのまま成りすまして資産を奪うことが出来る訳だ。

「それを防ぐために暗号化している。だからから大丈夫」という反論はあるだろうが、人間が作った物を人間が破れない、という保証はどこにもない。

ましてや、ログインIDやパスワードなどは固定の状態が多い。通信自体が暗号化されても、普通に玄関から入ることが出来てしまえば、何の意味もない。

 

様々な情報が詰めこまれたスマホは宝の山だし、この情報の塊は資産そのもの。

スマホ紛失した時のリスクは計り知れない。

 

だから俺は、極力スマホに頼らない生き方をしてる。あくまで連絡手段と検索手段のみ。

交通系ICは定期型だし、金融決済も自宅のPCで実施している。

荷物は増えるし利便性に欠けるし、時代に逆行してること甚だしいけど、リスクと天秤にかけた時、これは仕方ないと思ってる。

 

スマホなんて消耗品だし、いつどこで無くすかも壊れるかもしれないものに、そこまで情報を詰め込む気にはなれない。

スマホいじっててすれ違いざまに盗まれるシーンなんて多く見てきたしね。

 

こんな機械ごときに振り回されたくないわ(笑)

 

 

ちなみに。今の暗号技術のほとんどはNSAが絡んでて、その技術輸出もそこがガッチリ握ってる。つまり、その気になればあちらさんが全部解読可能なんだけど、そこまで考えたことがある人はどれだけいるのかな?

 

 

情報を入手する精度と速度は、仕事するうえでも国防でも、同じように重要です。

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

hirosushi

旅行と夜遊びのために働いているアラフォーサラリーマン 面白い場所があると聞きつければ現地に飛ぶ 現地合流現地解散が好き。昔ほど飲めない