Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

毎日の筋トレ

毎日毎日仕事に時間を取られ、skill upなどに使える時間が削られているけど、筋トレとspeakingだけは、ほんの数セットだけでも続けている。

 

座学は移動中などで出来るけど、フィジカル系は難しい。電車内でやるわけにもいかんし(笑)

特に平日はジムに行く余裕が無いし、無理やり時間を作っていったところで、充分なトレーニングが出来ない事が続いてた。

 

月々の支払いに見合った費用対効果が得られない以上、ジムを続けてても仕方ない。そうなると家でやるしかない。どうするかなーと思っていたところ、自重トレーニングに関する本出ていたので買ってみた。

それがこれ。「プリズナー・トレーニング」

ぱっと見、インパクトだけの本かなと思ったけど、読んでみて「ああ、これはイケるな」と思って即購入。

身体をビッグ6に分け、それぞれの部位に特化して器具を使わずにトレーニングするんだけど、その理屈についても詳細に書かれているから、身体的構造についても見識が深まるので、取り組んでいて楽しい。余計なものを買う必要もないし。

楽しいからこそ、もう1年半近く継続してやり続けてる。

 

格闘家のようなゴツイ身体ではなく、体操選手のような実用的な肉体美を目指している手前、ジムで部分部分をゴリゴリやると、どうしてもバランスが崩れてくるなぁと言うのは定期的な計測でわかってた。

そういった悩みに合致したからこそ、俺はスッと入ることが出来たし、続いているんだろうなと思う。元々のケガとかに起因する痛みもかなり軽減されているし。

 

個人差や個人の感想はあるにせよ、これは老若男女問わずに取り組める良書だと思う。

月一勉強会2

先日書いた勉強会、今月分を開催しました。

 

発表する内容については各人の得意分野があり、「こいつにこのネタを扱って欲しい」ってリストを作ってます。それを元にクラスを開催してるわけ。

俺の場合は会計系、貿易系、流通系など。あとは中国語とドイツ語で、今回は久しぶりに決算資料を使って他社の財務状況をいじろう!(笑)コーナーの開催要望がありました。

 

このコーナー、最初のうちはみんな読めませんでしたよ。そりゃ普段使わないからね。

でも、役職が上がったり、自分らでEC動かすにつれて、カネの動きの何たるかを知らないと儲からないって事がわかってきた。

今では全員が、そこまで深くはないにせよ、数字マジックのトリックなど、キモとなる個所や意味をしっかり看破できるようになってます。

 

今回の会社さんはツッコミどころがふんだんにあったので、大変盛り上がりました(笑)

思い通りの場所でみんなが言ってくれるもんだから、楽しい事楽しい事♪

 

普段の仕事では、自分の業務をこなすだけっていう人が大半です。自営じゃなくサラリー貰っているんだから、それが当たり前ですし、そういう契約で働くのが日本の社会人。

 

でも、言われたことだけやるレベルならAIで充分です。AIは24時間働いてくれるし単価はほぼ固定。

例えば事務系なんかは、記入するフォームさえ固定してしまえば、あとはロボ君に放り込めば自動処理できちゃう。イリーガルなケースは提出した本人に突っ返せばいい。手作業でやる必要なんてなくなるんです。

 

だからこそ、自分の身を守り、レイヤーを上げるためにも、契約外ではあるけれど経営側の観点で考えることが必要になってくる。

 

経営してる連中が一概に勝ち組とかイケてる訳じゃない。

でも、雇う側にとっては、とにかく売り上げを上げ、固定費削減することに命を懸けてる。それを意識しないと、すぐにレイオフ対象になる。

派遣契約などで雇止めを声高に訴えたところで、法律に基づいてしっかり手続きを踏んでしまえば、それは何も問題ないんです。倫理上、感情の問題は置いておいてね。

 

 

例えば、自分の職場に知識の高い方がいて、その人で業務が回っているって場合、上がどう動くかを考えてみましょう。

 

現場の上長は、頼りになるその人に飛ばれたらヤバイのがわかってるから、なだめながら給料上げてキープする可能性が高い。

 

でも、現場を見てない上層部が考えたらどうなるか。

費用対効果や継続性を考えるので。おそらくは業務フローそのものを見直し、個人に依存しない体制を構築します。マニュアル化する訳です。

 

マニュアルがあるって事は、自動化できる、替えが利くって事。これからは固定費削減するため、人手不足を名目にして人件費をどんどん削る方向になる。

だから、AIや業務を設計して使う側にシフトしないと、給料はどんどん叩かれちゃうんです。

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

月一勉強会

友人と月に一度、持ち回りでの勉強会を実施しています。

元々、小金を稼ぐために何かしよう!って事で、旅好きの連中で集まって旅行先で買ってきた色々な何かをECで売る、というのがベースになってます。

 

全員が全員、

・おカネ稼ぎたい

・そのためには、色々底上げしなきゃいけないよね

という思想は一致しており、かつ

・自分に投資することに躊躇が無い

・全員がそんなだから手を抜けない

ために、かなりキッチリした会になりました。

 

もちろん、ECサイトは共有で使い倒し、得られた資金はオープン。みんなで使ってるので「負けられねぇ」し、いかに「おお、すげぇ!」って言わせるかどうかの健全な競争原理が働いていて面白い。

会社のような相対的評価ではなく、絶対的評価。そりゃ楽しくない訳が無い(笑)

 

ある程度軌道に乗ってくると、やるべきことが増えてくる。語学だったり、経営的な部分、交渉などの対人スキルとかだったりね。

その成果を示すためには「頑張ってます!」なんてくだらない評価は面白くない。だから皆、公的試験、ライセンス取得などに手を出し始める。

そして、「これ取った」「TOEICで750点いった」とか、毎月誰かしらが成果を上げてくる。

 

この危機感、焦燥感。ハンパないですよー

 

ただ残念なことに、ここにはビジネスモデルが無いからカネを稼げてない。

どうマネタイズしていくかが、全員が共有している今後の課題ですな。

 

 

仁義なき戦いの広島死闘編で、千葉真一扮する大友勝利が言う訳ですよ。

「銭に身体張ろう言うてどこが悪いの!?おぅ!?」ってね。

身体張らずに、結果なんて得られない。

 

きれい事しか言えない人は努力をしないし、怠慢な人は運に頼る。

アスリートの方々みたいに、人生の大半を競技に突っ込み、やるだけやった人が初めて「運」なんてセリフを吐く資格があると思う。

 

人間みな同じだし、やればやるだけの成果を手に入れられる。

結果を求めれば求めるほど、夢にまで見るくらい真剣に深く考える。

果たしてどれだけの人が、そこまで落とし込んで考えているか。

 

元々の素質がーって言う人は、自分の家族を否定してることに気付いてない。

素質がある身体に産んでくれなかった親のせいなの?

 

俺らはみな、普通のおっさんの集まり。ただ、面白がって自分の人生を盛り上げようとしているだけ。

 

例えば俺は、高校卒業時は偏差値30台だったけど、1年で70overに持っていった。ホストやバーテンで学費稼いで大学卒業し、SEを10年やってから商社に移って外地で営業やってる

ある友人はTOEIC300点いかなかったのに、1年で700点超えた挙句、部下は全員インド人という職場で、英語で仕事してる

またあるやつは、バンドマン=フリーターってお約束の状況からフリーランスで稼ぎはじめ、結婚して安定が必要になったってんで、ヘッドハントにのってCFOやってる

 

「だって俺ら、正しい努力してるからね」

 

こんな強烈なメンバーだから、日本では馴染まないのが難点(笑)

お互いに、本当に良い仲間に恵まれた。ライバルってこういう事なんだろうなー

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

レディファーストと演技

恋愛マニュアルなるものを読んだんですが、まあ大したことは書いてないですね。

女の子の荷物を持つだの、車道側歩くだのと。

 

それ当たり前じゃね!?今更?w

 

で、ふと思ったんです。

「レディファースト」の概念て、日本には無かったから新鮮なんだろうなぁと。

たまーに言葉尻のまま捉えて、先にやらせることがレディファーストだと思ってる人いますからね。

おいおい、女の子にドア開けさせんなや、とw

 

とは言え、そもそも文化が違うし、急にそんな事やれってのもこっぱずかしいでしょうし、何より外国人がやると「素敵」って言うくせに、日本人がやると「キモイ」とか言われる理不尽な世の中。

でも、そりゃそうなんですよ。恥ずかしがりながらやるから、する方もしてもらう方も気まずいもん(笑)

 

でも、敢えて言いたい!

すぐに意中の女子を、公然とちやほやすることをお勧めします!

 

深く考えず、演技として取り組んでみれば良いんですよ。

エレベーターのボタンを押して待ってあげる。ドアを開けて待ってあげる。ちょっと良いとこのレストラン行って、ドア開けたり椅子引いたりしてくれるのをまねる。荷物の出し入れを手伝ってあげる。

簡単でしょ?

 

実践してみれば度胸もつくし、余裕が出来て色々な事が見えるようになってきます。

 

そんなアクションが女の子に刺さればOKだし、イマイチだったらネタにすれば良い。成功しようが失敗しようが、人として良い事をしているんだし、どっちに転んでも役に立ちますよ。

 

そもそも論として、俺はいつも、自分と遊んでくれる女の子には楽しんでもらいたいって純粋な気持ちがあります。だからこそ、あれこれと気にかけるのは全く気にならないし、あれもこれもやってみたいって思っちゃいます。

打算じゃないんですよね。そんなマインドが身に沁みついてる。コンプレックス抱えた人なら、こんな謙虚とも卑屈ともとれるような気持ちがわかるはず(笑)

俺はそんな自分を受け入れることが出来たからこそ、自分がそういった立ち居振る舞いをするのが面白くて仕方ない。

 

一度しかない、やり直しのきかない人生なんだし、面白そうな行動してナレッジをためましょう^^

No excuses and uncompromised

・No excusesとuncompromised

 

まあ、忙しい訳ですよ、仕事が。

お陰で飲みにもナンパにもデートにも行けてない上に、職場の不毛な環境にちょっと嫌気が(笑)

 

ただ、「時間が無い」だの「忙しい」だのと逃げ口上を並べていると、いつしかそれが当たり前になります。

人間、楽な方に行きがちな生き物ですからね。

こういう時に、自分自身がコミットしていることを継続できるかが、先に繋がってくると思います。

 

あれもこれもと欲を出さず、一個ずつ確実に消化し、かつ継続する。

 

いつも言い訳する人いるじゃないですか。あれ、見ててカッコ悪くないですか?

今まさに自分を振り返れば、冒頭の「時間が無い」「忙しい」って言いがちな自分自身に気付く。

こうなっちゃいけないんですよ。自分のレベルを落としちゃダメなんです。

 

じゃあどうすれば状況を変えられるのか。その答えは必ずあります。

誰でも時間だけは平等です。

スキマ時間の活用は根本的な解決にはならないけど、それだけでもスタートを切る。少しずつ始める。色々なexcuseを探してcompromiseするのは、貴重な時間を浪費することに繋がります。

 

他人が努力している中時間を浪費することについて、プレッシャー、恐怖心を感じられるかどうか。

この感覚があれば誰でも上のステージに行けるし、欲しいものを手に入れられるチャンスが増えるんです。

 

「自分はそうまでして欲しくない」と、斜に構えたふりして逃げて無傷でいるか

強欲全開で、あらゆる努力をして取りに行ってボロボロになるか。

どちらが面白い人生か、実りのある人生か、ってね。

 

やらないで後悔するなんてもったいない。やってみて考えましょうよ。

失敗したら、酒の席とかでネタにすれば良いじゃないですか^^

経験したことのないやつの話より、経験したことのあるやつの方が面白い。俺はそう思います。

自分をブランディング

・自分自身のブランディング

 

自分自身のブランディングすることは、本当に大事。

 

モノを売るためには、需要に合ったモノを売るか、需要そのものを作り出すか。大きくその二つに分類される。

求められてないものを売るのは非常に難しい。だから、需要に見合ったもの、相手が欲しいものをオファーして買ってもらうのが、一番手っ取り早い手段になる。

 

それは人もモノも同じ。

 

ありのままの自分を見てもらうためには、まず買い手の商品リストに掲載してもらう必要がある訳だけど、そのためには、自分自身の体裁を整える必要がある。

身だしなみ、服装、話し方etc

言ってしまえば、社交の場に出るにはそれ相応のドレスコードがある訳だ。しかもそのドレスコードには、買い手の思いが詰まっていて、人それぞれ求められるモノが違う。

その審査を通らない限り、商品リストには掲載してもらえない。つまり、選ばれることは決して無い。

 

明らかに自分よりイケてない人が、素敵な人と歩いている。それには必ず理由がある。

「なんであんなやつが。趣味が悪い」と思った時点で負け戦。

 

なぜ相手がOKで自分がリストに掲載されないのか。その理由を探して改善する。

人の真似だろうが何だろうが、今の自分よりも良くなることが一番の目的。それが自分自身の人生を楽しく、華やかに充実させるコツ。

 

今は亡きking of popも、「世の中を良くしたいなら、自分自身を見直して、自分自身を変えよう」って言ってる。

世の中に影響を与えたような人の言葉には、本当に重みがある。

 

この手の言葉を集めた「自己啓発」には、体験しただけでワンランク上がった気になるトラップがある。

そのトラップに引っかかることなく、苦しんでも前を向いてチャレンジし続けて結果を得る人だけが、人生で良い思いが出来る。

自分自身をどんどん作り変えて、唯一無二のブランドを作り上げよう!

モテたい!と言う意欲を持て

・モテるための努力

 

はい。モテたいですが何か?( ̄▽ ̄)

 

アラフォーだろうが、結婚してようが、今以上にモテたいものはモテたいんですよ。

そういった欲望に従った不純な動機が一番行動力に繋がるし、人生右肩上がりで行きたいじゃないですか!

 

「外見じゃない。中身を見て欲しい!」ってのは、結局のところ何もしないための言い訳。

 

自分が異性を意識する時、最初に何見ます?外見でしょ?

じゃあせめて、出来る範囲で改善していきましょうって話です。

 

・外見が10割

 

イケメンかそうでないかの話じゃないんです。

例えば、身だしなみがだらしないとか、猫背で不潔な人に魅力感じます?

感じませんよね?

 

雰囲気や体型なんて誰でも変えられるのに、やらないなんてもったいない。

 

色んな人が言ってますが、最低限の清潔感は無いと、スタートラインにも立てません。

特に暑い時期なんて、電車内で発する臭いがその人の全てを物語っておりますf^^;

 

さて、かく言う私も人の事言ってるヒマがあったら、勉強と筋トレに精を出せって話w

 

 

 

・体型の改善と自信をつけるには筋トレがベスト

 

俺はアメリカからChampionのプロテインを取り寄せて飲んでます。

ザバスとか近所のドラッグストアで手に入るものも多いですが、敢えてこいつです。

 

何故こいつをチョイスしたのかというと、その成分もそうですが見た目のインパクトが大きいんです。

視覚的にも自己主張が激しすぎるプロテインの壺。これを部屋に置くことで、イヤでも「筋トレしなきゃ!」って意識にさせてくれます。

ご家族のいる方は、間違いなく「邪魔!」って言われること請け合い(笑)

 

職場でも、プロパーさんと筋肉とジムの話で盛り上がれる、人脈作りにもってこいのプロテイン!

 

どうですか、お客さん!(笑)

 

実際、筋肉をつけないと女子にもウケが悪いし、筋肉質になることでセルフイメージも高く出来る。健康についてもあれこれ考えるから、さほど悪いことは無いと思いますよ。

 

でも、飲み過ぎは腎臓を壊すので、その日の運動量と食事メニューをトータルで考えて摂取してね^^

身だしなみと脱毛

・身だしなみは整えましょう

 

実は私、ヒゲが濃いです(笑)

急に何言い出すのかって話だけども。

 

夕方にはジョリジョリになるんで、セフレとかから「痛い」って怒られたりするし、毎朝のシェーブが面倒なことこの上ないんですよ。

アラフォーになり、遊べるのも残り数年かーと思ったら、急に「脱毛しよう!」と思い立ちましたw

 

なので、こちらで絶賛脱毛中です。

湘南美容クリニック

 

 

・脱毛の経過と感想

 

通い始めて3回目を過ぎたあたりから着々と薄くなって来たんで、だいぶ楽しくなってきたけど。。。

 

痛い。マジ痛い。

 

ホントはVIOとかやりたいなーと思ってたんですが。。。正直、心が折れたw

ちゃんと処理してる女子ってすごいわ-。。。

 

職場で脱毛の話をした時、つい女子に聞いちゃいましたよ(笑)

一歩間違うとセクハラ案件なんだけど、あまりにも俺がシリアスだったんで、やってる子もやりたい子も内容に興味津々にw

 

  • やってる側の言い分
    • 思っていたほど値段は高くない
    • しつこい勧誘とかもない
    • 思ってた以上に痛い。マジ痛い
    • 気長にやろう
    • 本当にやって良かった。あとが楽

 

  • やらない側の言い分
    • 高い
    • そこまでする必要ある?
    • 何かこう、敷居が高いし恥ずかしい

 

人によるんだろうけど、悩んでるんだったら一度クリニックに行ってみて、話を聞いてみるのも悪くないとかと。

やることによって、今まで気にしてたことに注意を払わなくて良くなる。このストレスからの解放って、かなり大きなメリットだと思います^^