職場での食生活

NO IMAGE

どうも、hirosushiです。

 

職場では忙しい分、どうしてもまともな昼食を取れないことが多いです。

ですが、昼食を抜いたところで給料に跳ね返ってくる訳でも無いし、そう遠くない将来に自分の身体にマイナスのブーメランが戻ってきます。

そうは言っても、そんな時間が無い。

 

その場合、食べるものやタイミングなどの注意を払えば良いのです。

Advertisement

 

職場での食生活

何はともあれプロテイン

プロテインと言うと、すぐにマッチョな人が飲んでるあれでしょ?(笑)って思う人がいますが、プロテインはタンパク質のことです。

protein = タンパク質

人間の身体は、筋肉だけでなく皮膚とか髪の毛とか、ほぼ全てにおいてタンパク質をベースに作られています。ですから、タンパク質と言うのは必須の栄養素なんです。

 

1日に必要なタンパク質は、体重×1g。つまり70kgの人なら最低70g必要な訳です。

運動をする人なら、体重×1.5g。

タンパク質はきちんと摂取しなければ、身体を維持することが出来ません。

 

ですが、何も考えずに食べていると、意外にタンパク質は不足しがちで、糖質だけがどんどん増える。ましてや最近ではお金がかかるから、コンビニでパンだったりおにぎりだったり、タンパク質が少ない安い食べ物を選択しがち。

糖質だけが増えて血糖値が上がり、病気に繋がってしまう悪循環になります。

Advertisement

 

ただのお菓子はやめましょう

間食は絶対に悪い事じゃありません。そのメニューが大事になります。

 

仕事中、頭を使えば使うほど、お腹がもの凄く減ります。そうすると甘いものが食べたくなる。脳がカロリーを欲しているので、即効性のある糖質を求める訳です。

でも、そこをグッと我慢して別のものに置き換える。そうする事によって、カロリーの過剰摂取を抑え、身体にも有効な成分を取り入れて行こうじゃないかと言うのが今回のメイン。

 

単純に、お菓子をプロテインに変えてしまえばよいのです!

別にザバスのやつとかシェーカを常備しろと言っているのではなく(笑)

もちろん、プロテインに全替えするのがベストではありますが、それなりにコストがかかるし、無理な部分はあります。

ですが、タンパク質とかビタミン、ミネラルなど、その含有成分をしっかり意識して間食することで、身体のメンテナンス性は格段に上がります。余程不摂生な生活をしていない限り、体重なども良い方向に向かって行きます。

そうやって結果が出れば、もっと良くしていこうという欲が出てきて好循環に繋がっていくことでしょう^^

Advertisement

 

ご注意

タンパク質の取り過ぎは危険です。過剰なタンパク質は腎臓に大きな負担をかけてしまい、腎臓の病気を誘発してしまう可能性もあります。

何事もバランス良く、偏った生活をしない。と言うのが大事なポイントですね。

 


人気ブログランキング
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

トレーニングカテゴリの最新記事