Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

自分をブランディング

自分をブランディング

・自分自身のブランディング

 

自分自身のブランディングすることは、本当に大事。

 

モノを売るためには、需要に合ったモノを売るか、需要そのものを作り出すか。大きくその二つに分類される。

求められてないものを売るのは非常に難しい。だから、需要に見合ったもの、相手が欲しいものをオファーして買ってもらうのが、一番手っ取り早い手段になる。

 

それは人もモノも同じ。

 

ありのままの自分を見てもらうためには、まず買い手の商品リストに掲載してもらう必要がある訳だけど、そのためには、自分自身の体裁を整える必要がある。

身だしなみ、服装、話し方etc

言ってしまえば、社交の場に出るにはそれ相応のドレスコードがある訳だ。しかもそのドレスコードには、買い手の思いが詰まっていて、人それぞれ求められるモノが違う。

その審査を通らない限り、商品リストには掲載してもらえない。つまり、選ばれることは決して無い。

 

明らかに自分よりイケてない人が、素敵な人と歩いている。それには必ず理由がある。

「なんであんなやつが。趣味が悪い」と思った時点で負け戦。

 

なぜ相手がOKで自分がリストに掲載されないのか。その理由を探して改善する。

人の真似だろうが何だろうが、今の自分よりも良くなることが一番の目的。それが自分自身の人生を楽しく、華やかに充実させるコツ。

 

今は亡きking of popも、「世の中を良くしたいなら、自分自身を見直して、自分自身を変えよう」って言ってる。

世の中に影響を与えたような人の言葉には、本当に重みがある。

 

この手の言葉を集めた「自己啓発」には、体験しただけでワンランク上がった気になるトラップがある。

そのトラップに引っかかることなく、苦しんでも前を向いてチャレンジし続けて結果を得る人だけが、人生で良い思いが出来る。

自分自身をどんどん作り変えて、唯一無二のブランドを作り上げよう!

hirosushi

旅行と夜遊びのために働いているアラフォーサラリーマン 面白い場所があると聞きつければ現地に飛ぶ 現地合流現地解散が好き。昔ほど飲めない