Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
NO IMAGE

どうも、hirosuhiです。

 

最近仕事に時間を奪われて、ここ1か月ほど一切のご新規さん開拓をしていませんでした。

さすがに心の潤いと余裕がないのを実感していたので、隙間を捻出してマッチングアプリで知り合った女性とご飯を食べに。

Advertisement

 久し振りのアポ

相手に楽しんでもらう事の大切さ

結論から言うと、ネトナンするのも女性とサシで話すのも久し振り過ぎて、「楽しませる」ことより、自分のリラックスが勝ってしまったため、さほど盛り上がらず。

とは言え、自分をしっかり持った素敵な女性だったので、お互いの価値観やら仕事観で一致するものがあり、次に繋がるものとなりました。

Advertisement

思うこと

どんな状況下でもチャンスは作り出せる。自分で作りだして掴み取るからこその面白さがある。

仕事に注力するのは大事だけど、こうやって定期的に外に打って出ないと、対人の瞬発力的な部分がどんどんさび付いていく。

英語なんかもそうで、継続的にアウトプットしていかないと、感覚的なものや心理的なものが行動とマッチングしなくなっていく。使わないとどんどん錆びついていきますね。

 

今はマッチングアプリなど駆使すれば、出会いのきっかけはたくさん出来るし、そこでの実績を糧にして自分自身をどんどんimproveしていくことが出来る。

トークスキルや体型、立ち居振る舞いとかを見直すことで、失敗が経験に昇華するわけです。

そのためには、自分の目的意識をしっかり持つことに加え、ゲーム感覚じゃないけど、少しpopな感じで取り組んで行くのが良いと思っています。

 

アスリートの皆さんが良く言う「楽しんでやる」って言うアレ。

言葉だけを取ると単に「リラックスしてやる」ってニュアンスになるんだけど、本当はもっと深い意味があると思ってます。

自分が今持っている全てをつぎ込むんだけど、気負わないと言うか。言葉にするもの実践するにも難しい。

自分自身が積み上げてきたものに対して後悔とかがゼロじゃないと、絶対に出ないセリフ。

「自分が出来ることは全てやってきた。あとはなるようになる」

そう思えないと言えないセリフ。

 

これまでの人生で、「どんな結果になっても後悔しない」レベルでやり切ったことがどれだけあるのか?

それだけは常に問いかけるようにしたい

 

  にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

コミュニケーションカテゴリの最新記事