健康の価値

NO IMAGE

 健康の価値

 

どうも、hirosushiです。

 

健康と言うのは、とても大切なもの。

心身ともに健全であるからこそ、様々なことにトライできるし、その意欲がわき出てくるものです。

そして、日々の生活を支えるためのお金を稼ぐ手段にも直結しているから、「健康」というのは何においても最重要な要素であると思います。

 

でも、誰しもが自身の「健康」に対して真剣に向き合っているかと言うと、そうでもない。

生活習慣病だったりうつ病だったり、とても身近なワードである割に、それを自分にも起きるかもしれない、という意識で考えることは少ないように思います。

自分にも起こり得ることとして捉えていない人は、それを未然に予防するって考えもない。

 

いわゆる生活習慣病などは、食生活や運動などに気を付けていれば、おのずと予防ができるものだし、うつ病だって、自分に出来る事や優先すべきことの判断が出来れば、こちらも予防が可能。全てを背負い込んで背伸びをし、今の自分のレベルでは無理なことをやりこなそうとすれば、身体や心は持ちませんから。

 

どちらも禁欲的に生きていかなければいけないほど、シビアに生活しなければならないものではないから、誰にでも実践可能ははずです。

それなのに、注意することを怠った結果、健康を損なう人は多い。

 

恐らくそこには、「まだ大丈夫」、「自分はもっとやれる」という、自分への過信評価があるからでしょう。

仕事の能力などの対外的な能力について自己評価する時、多くの場合低く見積もります。責任感が強ければ強いほど、自分のイメージする姿と周りが要求する姿にギャップを感じ、身の丈を超えて頑張ろうとする。

自分を正しくコントロールできる人は、目的や手段、体調を正しくコントロールできるけど、出来ない人は目的と手段が入れ替わってしまって、「努力する」ことがメインになってしまう。

その結果、自分の身体への負荷を高めてしまい、気付いたときには手遅れ、というシチュエーションに陥ってしまう。

 

 

いざ病気になって仕事が出来なくなった時、ぽっかりと空いた毎日の時間の中で、支出だけは何の変化もなく続きます。

食費、家賃、水道光熱費、スマホの料金etc…

 

収入が無いままに支払いだけがどんどん進む訳です。焦ってもどうにもならない、動かない身体。

収入が無い事に対する不安感は、すさまじく大きい。

この時になって後悔しても遅いんです。

 

普段から、自分の健康と仕事、収入のバランスを考えることが重要なんです。

老後なんて先の話ではなく、10年後の生活を考え、ライフプランを考えましょう。

 

 

毎日の食生活を見直そう

ただお腹がいっぱいになるだけの偏った食べ物と、量は少なくなるがバランスを考えた食べ物に変えてみよう

 

毎日できる運動を考えよう

一駅手前で降りて歩いて帰ったり、最寄り駅から回り道して帰ってみよう。

 

毎日の仕事は自分に見合っているか考えよう

頑張っただけ見返りはある?そのキャリアを積み上げた先の目標は?

 

毎日の出費を考えよう

そのお菓子は必要?そのコーヒーは必要?まとめて買うなり辞めるなり、より良い方法を探してみよう。

 

 

健康には価値がある

 

 


人気ブログランキング
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

独り言カテゴリの最新記事