旅の記録-2019年9月タイ2日目ワットポー-

旅の記録-2019年9月タイ2日目ワットポー-

どうも、hirosushiです。

 

旅の記録-2019年9月タイ2日目-」からの続きです。

旅の2日目。まずは船でワットアルンに向かいました。ひとしきり見終わった後、チャオプラヤ川を渡ってワットポーを目指します。

 

2019年9月タイ2日目

ワットポーへ

「ターティアン船着き場」が稼働していれば、通常はワットポーからワットアルンの流れで観光することになるかと思いますが、「ターティアン船着き場」は工事中なので、逆ルートでワットポーにやってきました。

渡し舟で対岸へ渡り、

船着き場を出て、ワットポーへ向かいます。写真は船着き場を振り返ったところですが、ここから1分ほど歩いて道路を渡った先がワットポーとなります。

道中の写真は撮り忘れましたが、事前準備なしにまっすぐ進んだら見えてくるので、迷うことはないと思います。なお、一番近い入口は正門ではなさそうです(笑)

 

いざ内部へ

この頃になると正直飽きてきてたので、色々と雑になってます(笑)

入館料は100BHTだっけ?

目が開いているので、弟子たちに説法中のお釈迦様ですね。

涅槃物には2種類あって、目が開いていれば説法中のお姿、閉じていれば臨終のお姿を現しております。

足の裏の彫刻が大変興味深いです。

108つの壺の中に25サタン硬貨をチャリンチャリンして、煩悩を捨て去る手続きを行います。俺は煩悩を捨てる気がないためやりません(笑)

チャリンチャリン中。内部では靴は脱ぎます。

 

参拝料の中に小ボトルウォーター1本が含まれています。せっかくなので熱中症予防に忘れずにゲットしましょう。

本堂を出て正面の隅っこに仮設テントみたいな場所があります。そこで学生がチケットと引き換えに交換してくれますよ。正直、場所わかりにくいけど。

 

さて帰り道

ワットポーを出て、大通り沿いに5分ほど歩くと、新しく開通したMRTの「サナームチャイ駅」があります。それに乗ると楽にバンコク市内に帰ることが出来ます。

2019年9月現在、試験開業中のため10時から16時での運航となっていますが、これが本格運用されればタクシーや船を使わずともワット観光が出来るようになります。

また、「ワットマンコーン駅」はヤワラート(中華街)最寄りの駅になるので、こちらも便利になります。

 

あれ、意外に二日目はボリュームあるな。。。

次回は「チャトチャックウィークエンドマーケット」からお届けいたします!

 


旅行・観光ランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

旅の記録カテゴリの最新記事