Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

8月 2018Archive

久しぶりのアポ

・久しぶりのアポ

 

仕事に時間を奪われて、ここ1か月ほど一切のご新規さん開拓をしていませんでした。

さすがに心の潤いと余裕がないのを実感していたので、隙間を捻出してSNSで知り合った女子とご飯を食べに。

 

 

・相手に楽しんでもらう事の大切さ

 

久し振り過ぎて「楽しませる」ことより、自分のリラックスが勝ってしまったため、さほど盛り上がらず。とは言え、自分をしっかり持った素敵な女性だったので、お互いの価値観やら仕事観で一致するものがあり、次に繋がるものとなりました。

 

どんな状況下でもチャンスは作り出せる。自分で作りだして掴み取るからこその面白さがある。

仕事に注力するのは大事だけど、こうやって定期的に外に打って出ないと、どんどんさび付いていくんだろうなぁ

 

英語なんかもそうだけど、継続的にアウトプットしていかないと、感覚的なものや心理的なものが行動とマッチングしない。

ゲーム感覚じゃないけど、もう少しpopな感じで取り組んでいけると良いなー

何を話せばいいんですか?

・何を話すのか、それが問題だ

 

こんばんは。最近時間が作れないhirosushiです。

 

営業なんて仕事柄、会社の経営層と会食をすることになったり採用の面接をしたり、合コンに誘われたりなど、人と接する場面は腐るほどあります。

 

そんな時、「何を話せばいいんだろう?」って悩む人、結構いますよね。

そういった場に慣れてない真面目な人ほど、「何を話せばいいんだろう(-_-;)」って悩みます

 

だかこそ、こういった本がいった本が売れるんでしょう。

 

先日も、今日が初めての合コンですって後輩が、浮かれ半分で「何話せばいいんですかねぇ?」なんてことを聞いてきやがりました羨ましい。

 

良いんだよ、適当で。友達作り?ワンチャン狙うの?

そういった目的とか興味が無いから話題が無いんだよ。相手に興味を持てば聞きたい事が出てくるよ。

 

 

 

・相手に興味を持とう

 

実際のところ、関心が無いものについて話すことって出来ないじゃないですか。

出来たとしても、それは自分の中で作られた話題で、さほど深みのある話じゃあない。

そういった雰囲気は相手にも伝わる。だから会話が途切れちゃう。

 

相手に興味を持ち、真摯に訴えかければ相手は答えてくれる。それなりにw

そこからユーモアを交えたり、相手の好みに合わせた会話をするのは、経験がものを言ってくるステージになる。

 

相手と話が合って、時間を忘れて盛り上がった時、どんなこと思います?

もう一度会いたいなとか思いません?

 

自分と同じ感覚を持っていると思う相手には、必ず好印象を持つのが人間です。

だからこそ、色々な場で色々な人と話す経験を積んでいき、自分自身の引き出しを増やしていけば、そういう風に思ってくれる人が増えていくことに繋がる。

普段と違うフィールドに出ると言うことは、将来の自分への投資になるんですよ。

 

そうでしょう?

慣れてくれば、どんなシチュエーションでも会話が出来るようになるんだから。相手に依存しないってことは、それは自分の可能性も広がると言うこと。

 

何でもやってみて、楽しめる感覚を持てるようになれば、世界も開けるってもんです。

 

 

「良いなって思った娘なら興味あるでしょ?全員に万遍なく行かず、一本化してみたら?」

 

 

そろそろ合コン終わるころだなぁ。どうなったかなー(笑)

サイト開設備忘録その5

・サイト開設備忘録

 

今日も暑い。よって引きこもる(笑)

 

悩み事やる事リスト

  • 方向性は固まったので、本格的にSEOを考えて記事化する
    • 効き目が良くわからないのが悩みどころ
  • 画像やリンクのお作法
    • 画像はわかるが、リンクはどこまで設定して良いのかな。自前の画像って大事
  •  各種アフィリエイト
    • 記事とナレッジ蓄積してから
  • 英語勉強会のドキュメント化
    • 製作中
  • そもそもの外観を変えたい
    • 遅くなればなるほど、設定を合わせるのが大変だろうと思われ
  • 文体がバラバラ(笑)
    • 気分で書いていることもあるw
  • そろそろ旅の準備
    • PCとかは持っていかないから、メモなりなんなりを残す。あと画像

海外ナンパの際のお土産

・お土産を考える

 

海外、というかタイあたりでナンパする人の傾向を見てると、

「日本で買ってきたお菓子があるからホテルの部屋で食べようぜ」

というアプローチが鉄板なご様子。俺もやるw

 

と言うことで、これまでの経験上、喜ばれたお菓子たちをpick up!!

 

 

 

喜ばれたお菓子-at thailand-

もはやこれは定番。メジャーすぎて飽きられてます。現地で大量に売ってるんで、現地で買おう

 

色々な味があるし美味しいので、とても有効な武器。これも現地で売ってる

 

まあ、これも溶けるんですが、ポッキーゲームができるので、和むのに便利。これも現ry)

 

やっぱり日本のは美味しいようで、タイだけじゃなくロシア、中国、アメリカ、マレーシアの女子達にウケた実績あり。

 

地方出身の子とかにウケる。ウケなくても日持ちするし、酒のつまみに自家消費が可能。ただし、即日湿気ってくるw

 

俺が好きで、現地でもボリボリ食べている。それを見た娘達が寄こせと言ってくる。そしてスパイシーだって殴られる。なぜwww

 

お菓子じゃないw美意識高い系のBKK生まれの日本大好き娘には刺さる。俺の範囲外

 

ドンキとかで売ってる業務用パック的なのを買い込んで配るのが楽ですよ。あと、種類があった方が好みに応えられるかもですね。

何がウケるのか、宝探し感覚で遊んでみましょう♪

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

昔の旅の思い出-トラブル事例3-

・昔の旅の思い出-トラブル事例3-

 

回を重ねる事3回目となりました。hirosushiです。

 

数々遭遇した旅のトラブル。これまでは現地に到着してからのケースでしたが、今回はフライト編をお送りします。

 

hirosushiは移動にはお金をかけたくありません。だって移動するだけでしょ。キャプテンの腕さえよければ、機内サービスは求めてません(笑)

なので、出張以外ではフルサービスのエアラインに搭乗してないです。俺と同じような思想の人は、間違いなくLCCに向いてますよ^^

 

 

それはさておき、ナショナルフラッグだろうがLCCだろうが、どんなエアラインでもトラブルは発生し得るんですが、今回は最も秀逸な、俺が必ず旅先でSIMを買おうと思うきっかけとなった出来事をご紹介します。

 

 

 

・乗った飛行機がダイバート

 

諸事情のため詳しい場所は言えないんですが、乗ってた飛行機が悪天候&エンジントラブルで目的地まで飛べん!!てことで、緊急着陸になりました。

単なるダイバートであれば、味わったことがある方もいらっしゃることでしょうが、これが秀逸だった理由。

 

それは緊急着陸した空港のあるエリアは、我が国政府から「渡航は延期しろ!」って言われてる場所w

あらやだf^^;

 

機中で仲良くなったバックパッカーのアメリカお姉さんと、着陸後にこれからどうしようかねって話をしてて、そもそもここどこ?って調べた結果がそんなことに。

 

ま、まあ政情不安だしテロ組織の根拠地だし。。。

早く移動しよう!!

 

我々は脱出手段を模索しましたが、グラウンドスタッフの対応も適当で自分で何とかしろの一点張り。

打つ手が無いなー、どうすっぺかと思っていると、どうもキャビンおよびグランドスタッフの動きが不穏になってきた。明らかに店じまいの雰囲気。特にアナウンスもない。

 

運命共同体となった急造カップルの動きは迅速です。直ぐにスタッフをとっ捕まえ、状況を吸い出しに動きます。

 

何と、こいつらだけ別に駐機している飛行機で飛ぼうとしてやがることが判明www

我々:「補償は良いから乗せろ。何なら整備手伝うから」

スタッフ:「規則だから無理!!」

 

そりゃそうだ。

偉そうなポジションの人も捕まえて物陰に移動。交渉開始です。

我々:「それはわかってる。俺らだけだし、勝手についてきたってことにすれば良いから。周りにバレないようにセパレートしていくから」

 

強硬にネゴった結果、そちらに乗せてもらうことが出来、早々に出国できました。わーい^^

 

なお、当該機に搭乗していたのはキャビンクルー全員と優良会員の方々、あとは我々のように運の良いアグレッシブな人などでした。

機内は、とても安心感に満ち溢れた平和な空気であったことをお伝えしておきます。

 

実際、機内清掃とかを手伝ったのは秘密www

 

今日の教訓:

常に危機感を持ち、アンテナを巡らせておくのは大切。時には命を救う

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

昔の旅の思い出-トラブル事例2-

・昔の旅の思い出-トラブル事例2-

 

こんにちは。海外大好きhirosushiです。

 

みなさんは、旅行の時はどんなホテルに泊まりますか?

値段重視で安いところ?それともリッチなところ?

 

俺はフライトや移動は気にしませんが、ホテルだけは慎重に選んでます。

チェックポイントは2点

  • 遊び場から近い
  • セキュリティは大丈夫か

 

あちこちホテルを試したいタイプでもないし、頻繁に移動してホテルを変えるのも好きではない。

定点で落ち着いて徘徊したいんですね。ベースキャンプとして活用するので、色々荷物を置いておくことになる訳です。

そうすると、ドミトリーとか安宿とか、荷物を物色される前提の動きが出来なくなるんです。

値段安いところはスタッフの給料も低かったりするんでモラルが低い可能性もある。いわゆる途上国の安宿になるとそれが顕著。

ドミトリーなんかは行けば面白いけど、何かしら無くなる(笑)

 

 

それをガッツリ味わったのは、インドに行った時の事。

 

 

・何はともあれ勝手に入ってくるスタッフ

 

デリーにあるホテルにチェックインした後、お腹減ってたのでご飯を食べに外出したんですわ。やっぱり現地のカレーやナンは旨い♪

良い感じに飲んでプラプラしてから部屋に帰ってきたんです。

 

そしたら、なぜか部屋に男が二人いるw

もうね、部屋を間違えたのかとw

 

戸惑う俺を前にして、アイツら満面の笑みでこう言いやがりました。

 

「お前日本人だろ?日本人の女紹介してくれよ♪」

 

もうね、殺意を覚えるってのはこういう事かと。

パッと見渡せば、荷物を物色しようとした跡がありありと残っている。

覚悟はしていたけど、インディアクオリティを体験した瞬間でした。だいたいインディアが初対面で笑うとか、一番嘘くさいパターンやないかい!!

 

そのあとの事?

ここは他国。「疲れてるから後にしてくれ」努めて冷静に彼らを追い出した後、荷物チェックを実施。

いつもこんな事態を想定しているので、見せ金的に安い財布に薄くお金を入れてセキュリティボックスにいれるんですが、綺麗さっぱり盗まれていた以外は無事!良かった良かった。

南米でもこれは役立つことになる。

 

幸か不幸かこのホテルは1泊のみだったし、水やら何やら必要なものは買って帰ってきてたので、部屋の家具を玄関に動かして籠城作戦を実施。

案の定、夜中に何回かマスターキーでドア開けて入ってこようとする連中。まあ、仲間集めて南下しようとしてたんだろうなぁ。

 

こういう事態に合った時、ホテルに言わないのかと聞かれるんですが、証拠が無いのでホテルに行っても取り合ってくれないことが多いです。

ですので、自己責任、自己管理する意識はとても重要ですよ!!

 

 

さて、この国については、ドハマりする人と極端に拒絶する人、面白いくらい意見が真っ二つに分かれます。

前の会社の後輩は、「インドは超楽しかった、また行きたい」と言っていましたが、上記のイベント以外にも色々とありすぎたので、俺は二度と行かない派。

インドとフランスは二度と行きません(笑)

 

 

今回の教訓:

安全はお金で買える。安心できるお宿を探そう。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

昔の旅の思い出-トラブル事例1-

・昔の旅の思い出-トラブル事例1-

 

今は年一で海外に行くhirosushiですが、学生の頃は半年くらいかけて北米以外を回りました。

日本人がいないところ、そしてツアーを使わないというあまのじゃくな性質なので、それはもう、一通りのトラブルに巻き込まれてきましたf^^;

このシリーズでは、俺が出会ったトラブルについて書いていこうかと思ってます。

 

今回は、お気に入りTOP5に入る、東南アジアのタイ王国で遭遇したトラブル事例の1つをご紹介!

 

・賄賂で稼ぐ警察官

 

まだイケイケだった頃は、どこの国いってもまずはバイクを借りる、というスタンスでした。

この時もレンタルバイクを借り、友人と2ケツしてあちこち巡っていたところ、何もない交差点で警官に呼び止められました。

 

警官曰く、左折禁止の所を曲がったと。看板も出ていると。

 

いやいや、そんな看板出てないし。

だいたい今この瞬間も、みんなバンバン曲がっとるわ!と反論するも、我々パスポート不携帯だし、相手は何といっても警察官。とにかく分が悪い。

 

警官:「パスポートないのか。じゃあ早く済ませた方がいいんじゃないか?今からパスポート取りにホテルに戻るのか?」

 

警官はニヤニヤしながら交通違反の反則金のリストを取り出し、一番上の高い金額を指し示します。

 

ほほう( ̄▽ ̄)

 

そのリストを覗き込むなり、俺は言いました。

 

俺:「OK。彼がホテル戻ってパスポート取ってくる。俺は残るから」

 

焦る警官。

警官:「Σ( ̄□ ̄!!なんでだ!?お前らのホテルどこだ?遠いだろう!?」

 

俺:「だってこのリスト、酒がどうのって書いてるじゃん。違反内容違うよね?」

警官:「Σ( ̄□ ̄;; お前文字読めるのか!?」

 

なめんなよ、行く国の言語はある程度読めるんじゃ( ̄▽ ̄)

 

ますます焦る警官。

バイクに乗って行こうとする友人を必死で止めます(笑)

 

警官:「よく考えろ。まだ昼前だ。色々と行きたいところもあるだろ?お金で済めば早いじゃないか」

なぜか説得されるという(笑)

 

形勢逆転したタイミングで、値段交渉を始めます。

しかし相手は国家権力、油断は禁物です。何かあれば逮捕できますから、そこまで強気の交渉は出来ません。

 

友人:「でも、そんな金持ってないし。半分しか出せねーよ」

警官:「それでOKだ」

 

あっさり手打ちwww

 

じゃあと言うことで、早速金を払おうとしたら、警官は大慌てでこう言いました

警官:「paper!!paper!!」

俺ら:「?????」

 

 

 

 

俺ら:「ああ、隠せって事ね!www」

 

 

道を尋ねるふりをしながら、パンフレットの下から金を渡す。

なにこの三文芝居w

なぜ悪い事をしている気分を味わわなければならんのかw

 

 

とまあ、途上国では賄賂を要求する警官や空港関係者はまだまだいます。でも、全員がそうではありません。真面目にやっている人達も大勢います。

真面目にやっている人達に「どうせ金なんだろ」って金を出すと、贈賄で一発逮捕です。

きちんと相手がどんなタイプなのかを見て対応しましょうね!

 

 

教訓:人の国に行くなら最低限の言葉と文字くらいは覚えろ。無知な奴はカモられる

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

No excuses and uncompromised

・No excusesとuncompromised

 

まあ、忙しい訳ですよ、仕事が。

お陰で飲みにもナンパにもデートにも行けてない上に、職場の不毛な環境にちょっと嫌気が(笑)

 

ただ、「時間が無い」だの「忙しい」だのと逃げ口上を並べていると、いつしかそれが当たり前になります。

人間、楽な方に行きがちな生き物ですからね。

こういう時に、自分自身がコミットしていることを継続できるかが、先に繋がってくると思います。

 

あれもこれもと欲を出さず、一個ずつ確実に消化し、かつ継続する。

 

いつも言い訳する人いるじゃないですか。あれ、見ててカッコ悪くないですか?

今まさに自分を振り返れば、冒頭の「時間が無い」「忙しい」って言いがちな自分自身に気付く。

こうなっちゃいけないんですよ。自分のレベルを落としちゃダメなんです。

 

じゃあどうすれば状況を変えられるのか。その答えは必ずあります。

誰でも時間だけは平等です。

スキマ時間の活用は根本的な解決にはならないけど、それだけでもスタートを切る。少しずつ始める。色々なexcuseを探してcompromiseするのは、貴重な時間を浪費することに繋がります。

 

他人が努力している中時間を浪費することについて、プレッシャー、恐怖心を感じられるかどうか。

この感覚があれば誰でも上のステージに行けるし、欲しいものを手に入れられるチャンスが増えるんです。

 

「自分はそうまでして欲しくない」と、斜に構えたふりして逃げて無傷でいるか

強欲全開で、あらゆる努力をして取りに行ってボロボロになるか。

どちらが面白い人生か、実りのある人生か、ってね。

 

やらないで後悔するなんてもったいない。やってみて考えましょうよ。

失敗したら、酒の席とかでネタにすれば良いじゃないですか^^

経験したことのないやつの話より、経験したことのあるやつの方が面白い。俺はそう思います。

自分をブランディング

・自分自身のブランディング

 

自分自身のブランディングすることは、本当に大事。

 

モノを売るためには、需要に合ったモノを売るか、需要そのものを作り出すか。大きくその二つに分類される。

求められてないものを売るのは非常に難しい。だから、需要に見合ったもの、相手が欲しいものをオファーして買ってもらうのが、一番手っ取り早い手段になる。

 

それは人もモノも同じ。

 

ありのままの自分を見てもらうためには、まず買い手の商品リストに掲載してもらう必要がある訳だけど、そのためには、自分自身の体裁を整える必要がある。

身だしなみ、服装、話し方etc

言ってしまえば、社交の場に出るにはそれ相応のドレスコードがある訳だ。しかもそのドレスコードには、買い手の思いが詰まっていて、人それぞれ求められるモノが違う。

その審査を通らない限り、商品リストには掲載してもらえない。つまり、選ばれることは決して無い。

 

明らかに自分よりイケてない人が、素敵な人と歩いている。それには必ず理由がある。

「なんであんなやつが。趣味が悪い」と思った時点で負け戦。

 

なぜ相手がOKで自分がリストに掲載されないのか。その理由を探して改善する。

人の真似だろうが何だろうが、今の自分よりも良くなることが一番の目的。それが自分自身の人生を楽しく、華やかに充実させるコツ。

 

今は亡きking of popも、「世の中を良くしたいなら、自分自身を見直して、自分自身を変えよう」って言ってる。

世の中に影響を与えたような人の言葉には、本当に重みがある。

 

この手の言葉を集めた「自己啓発」には、体験しただけでワンランク上がった気になるトラップがある。

そのトラップに引っかかることなく、苦しんでも前を向いてチャレンジし続けて結果を得る人だけが、人生で良い思いが出来る。

自分自身をどんどん作り変えて、唯一無二のブランドを作り上げよう!

サイト開設備忘録その4

・サイト開設備忘録

 

いつものように、午前中に休日の勉強と筋トレを実施後、WEB周りのお勉強!

久しぶりの完オフを有意義に利用しないとねー。

 

悩み事リストの消化

  •  各種アフィリエイト
    • 後で良し。先に記事とナレッジの蓄積
  • 画像の挿入ってどうやるのかしらん
    • Elementorなるプラグインを導入して解決。ちょっと違うけど誤差誤差(・ω・)♪
  •  FTP
    • ファイルの出し入れは出来るが、今のとこ用途が見えるところまで行ってない
  • 英語勉強会のドキュメント化
    • 何と200P超えてた!先は長い
  • パーマリンクの全面見直し
    • ここまで見るんだねぇ
  • サイトマップ見直し
    • 幾つもプラグイン入れて収取つかなくなったのを集約
  • そもそもの外観を変えたい
  • 文体がバラバラ(笑)

 

ブロガーさんのサイトを見てると、みんな見やすいし、方向性が決まっている。だから読まれるんでしょうな。需要と供給が一致しなきゃ、ただの独り言f^^;

良い思考トレーニングになっているのは、意外な副作用になっております。